Job offer

男女雇用機会均等法 side man

女性の社会進出を助ける側面が強かったこの「平等」の法は、その目的通り、女性の社会進出を促しました。しかし、「男性求人」での側面についても、考えなければならないと思います。未だ社会に根強く残る「男は働いて、女は家庭」という考え方。機会均等と謳われたこの法律ですが、「女は家庭」への偏見を取り除くためには、大いに力を振るったと思います。しかし「男は働く」への配慮はどうでしょうか?
一つ例を挙げます。「短時間のパート事務員募集に、Wワークでも無い、若い男性が応募をしてきた」これは私が実際に耳にして、その調子から、この発言をした中年の男性が「信じられるか?」と問いかけている事がわかりました。私にはこの若い男性が、どのような経緯で応募に至ったのかは知りません。ただ、「短時間のパート事務員」「Wワークでも無い若い男性」というキーワードが、この人の中の所謂『常識』の壁を刺激したのだと確信しました。
若い男性が、短時間のパート事務員をメインの仕事としてはおかしいのでしょうか?例えば、この若い男性が主夫だったらどうでしょうか。家庭を預かり、更に空いた時間をパートに当てたいと考えているのだとしたらどうでしょうか?多様性に男女の、本当の「平等」は必須であると考えます。この男女差による雇用の機会は、女性だけでは無く、男性にも確実に影響していることを考えてみませんか?

男性が求められるシーンを考えましょう

世間は何かと「女性限定」が多いですが、それは求人においても言えることなのでしょうか?女性専用車両があったり、レディースデーがあったりと何かと優遇されている印象が多い女性ですが、求人の場合でも「女性求む」の声は多く見つけるコトができます。しかし、求人においては男性のみを求める声も多くあります。例えば、スナッ…

男性の仕事 キーワードは「転勤」?

近年のハローワークでは、求人を出す際には、男女不問、年齢不問とするよう指導があるようで、性別、年齢の制限がやりにくくなっているようです。求人に応募してみたら実は「女性希望」だったりとトラブルもある様子。以前は男性の仕事と言われていた営業や配達の仕事も、最近ではキメの細かい心配りが出来るということで女性が採用になる…

TOP